2010年1月アーカイブ

ヤマガラ

| | コメント(0) | トラックバック(0)
DSC01940.jpg

夢中でナツツバキの実を食べるヤマガラ

話によると、特に好物というわけではなく

エサの乏しい冬には何でも食べるということ


雪彦山 林道旅

| | コメント(0) | トラックバック(0)
qwe.jpg

大寒の空に映える真赤なイイギリの実を前に
ひっそりと後に控えし雪彦山

(山之内 賀野神社前より)


強い風でゆれそうな巨岩 "ゆるぎ岩"
笠形線入口を東へ1㎞ 畑町の北 山の中
調査日 2009年12月9日&2010年1月14日

笠形線沿線
いよいよ今回から基幹林道笠形線近辺のあれ?これ!です。
当日は誰も入山者なしで、標識を頼りに登山道を上がり
それでもやっぱり45分前後で現場に到着。
播磨地区ほうぼうに残る法道仙人伝説の一つで
「おして動かない時は自分に邪心が
あり、やがて神仏の罰を受ける。だから正直慈善を積み悔い改めなさい。」とのこと。
高さが4メートルあり下部が細くなった立卵形の岩で中部のふく
らんだところが8メートルにもなっています。
デジカメを忘れ久しぶりに携帯で撮影、おわかりいただけますで
しょうか。

 

P1020825.JPG

県道23号線からの入り口案内

         

 CA370122.JPG     CA370126.JPG                  

ゆるぎ岩現場                                                      山中の案内

 

CA370128.JPG

登り口にある河上神社

 

 

アオバト

| | コメント(0) | トラックバック(0)
t.jpg


ちょっと珍しいハトを見た


スギの枝に並んだアオバト

手前のは翼が赤茶色なのでオス

わかりにくいけど、奥の個体も赤い虹彩を持っているので多分オス

兄弟かな?


こっちを警戒している、これ以上近づけなかった

この後、林の中へ消えた

あけましておめでとうございます。

年明けからスタッフブログの更新を「林道 あれ?これ!」というタイトルでスタートさせていただきます。

 

西播磨事務所から2分の所に高瀬船120艘の流通基地があった!

 

今日はわれわれの調査基地にもなっています、西播磨事務所近辺の紹介をさせていただきます。林道とは距離的には離れていますが、古くを訪ねると大いに林道と関係しているのです。といいますのも林道開発以前丸太を筏に組み川で運搬していた時代のことです。その筏運送の重要な拠点がわが西播磨事務所から2分の揖保川にあったという史実です。

波賀あたりの木材は筏にし、一宮あたりでさらに集積され、連ねて揖保川を下っていく、そして海までの途中基地として今の事務所の場所よりすこし下流のところに中継ぎ宿泊やお楽しみ所があったとのことです。また飾磨津まで筏を流した帰りの筏師は日当を腹に歩いて上流の村まで帰る途中山崎には一休み休憩に立ち寄り町もにぎわったとのことです。

江戸時代においてはこうした揖保川の船運に着目した高瀬舟による運搬が隆盛を極めます。

資料によりますと、地名を出石(いだいし)河岸(かし)(読み方注意)といい、西岸と東岸と両岸がさかえ網干港までの7里(28㎞)さらには海上3里を行き飾磨津までの運搬の起点になっていました。幕府領や諸藩の米蔵、荷物取扱の問屋が6~7軒、高瀬船は120艘、商人として龍野屋孫兵衛、英賀屋弥次兵衛、千種屋源右衛門、出石彦左衛門らによって、木材さらには砂鉄などの流通でにぎわったとあります。

はじまったのは江戸以前元和7年(1622年)いまから400年近くも昔の話とのことです。

 

今ではそのほんの一部の片鱗を残した石垣にしか見られませんが、市と国土交通省による揖保川河川整備が進みだしており、公園に生まれ変わろうとしているとのことです。

添付の写真は高瀬船が往来したころをしのばせる、河岸の石垣と整備される撤去前の廃家の写真です。美化公園になれば貴重な写真になるかもしれません。(歴史的事実は確認要です)

 

 

b.jpg 

出石西河岸石垣

 

 

a.jpg 

河川整備で取り壊し寸前の廃屋

ホオジロ

| | コメント(0) | トラックバック(0)
ホオジロ.jpg


よく晴れた寒い朝、雪の残る竹の枝で



2009:12:29:14:32 ♂ のコピー.jpg

クチバシの外側は黒いのに内側は黄色

大きな口を開けたさえずり

コントラストのキレイなジョウビタキ


2009:12:29:14:36 ① ♂.jpg


このアーカイブについて

このページには、2010年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年12月です。

次のアーカイブは2010年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。