2010年2月アーカイブ

取材日は平成22年1月19日

笠形神社

 

047.jpg

 

参道の入り口には鍵があいた鉄柵門があり、そこから約10分
鬱蒼とした笠形杉の中を歩くと、人里と無縁な感じて
社殿が3棟静かに建っている。
古くは1300年前にさかのぼると言われ
荘厳な中に歴史を秘めた本殿、中宮、拝殿は江戸時代後半に建立された。
特に欄間などの彫刻がすばらしく、その本流は日光東照宮にあると
いわれている。中井家一統の作とのこと。

043.jpg

境内には姫路城心柱の石碑があり昭和34年の昭和
大修理の際境内の御神木であった桧がこの地より運ばれた。
今でも残る境内の大杉は高さ50m、根の周り9.5mと深く年輪を刻んでいる。
兵庫の巨木として、町指定天然記念物として登録されており
巨木の下にたたずむと木の精の昔物語が聞こえて来そうな程です。

 

笠形寺

063.jpg

 

西暦650年頃法道仙人によって開かれた。

鬼面が有名で正月行事の「鬼追」に使われる
山の神、青鬼、赤鬼の3面があり、
それぞれが仏の化身で悪魔を追い払う仕草をするとのこと。

また境内には先ほどの杉とは別に
昭和52年県の天然記念物に指定された
コウヤマキが強く天を突いている。                                                   
070.jpg

樹齢450年から500年と推定されている。
室町時代後半から生き続けていることになります。
世界史でいうとコロンブスがアメリカ大陸を発見したころになる。
深い緑の葉をたっぷりたたえ大地に突き立っている。
全高21m根周り8.8m枝張りは東西に各6m、南に8m


 

aq.jpg

スズメと同じくらいの大きさのジョウビタキ



bq.jpg


地上に降りてエサを探しているところ



cq.jpg


雪をのせた強い風の中で



dq.jpg


段ヶ峰

| | コメント(0) | トラックバック(0)
DSC02269.jpg

登山道からの遠望  真ん中にある白く雪の積もった山は氷ノ山? 


登山口から山頂まで30~40分程度

視界を遮るものの何もない山頂からの景色はすばらしいUntitled-2.jpg

森林基幹道 千町・段ヶ峰線 6.6km 地点にある登山口

残念ながら、去年8月の台風被害により車で千町・段ヶ峰線に入ることはできないが

林道千町線か生野CC側からは、登山口まで車で入ることができる

ハイキング気分で登ることのできる登山コースですが、登山の際には充分な用意と

注意を怠らないように!


シロハラ

| | コメント(0) | トラックバック(0)
DSC03521.jpg

寒くても鳥たちは朝から元気

ツグミの仲間

腹部が白いのがシロハラ

赤いのがアカハラ


DSC03645_2.jpg     DSC036698.jpg
木の実を飲み込んだところ                         名前のとおり白いおなか



adf.jpg

地面に落ちている木の実をたくさん食べた後

枯れた小枝の上にとまったミヤマホオジロ


よく目立つ黄×黒のモヒカン

なかなかのセンス

笠形線、笠形山上空をとぶスーパーマン 法道仙人


天竺=インド出身と伝えられ、鉄の空鉢をもち超能力を使い民を救済した。

加西市の法華山一乗寺をはじめ、
播磨の山々で十寺とも二十寺とも開山、開基をしたと伝えられてます。
前回の「ゆるぎ岩」も法道仙人伝説の一つです。
(ある方のネット紹介では検索したところ60寺もあったと
ありました)

紫雲に乗って移動し鉄の鉢で魔法「飛鉢の法」を使う。
まるでスーパーマンかおばQみたいな超人のようです。
ネットでも多くの方が物語を投稿されています。
我々の笠形線や雪彦線の上を飛んでおられたかも知れません。

次回は笠形寺、笠形神社のご紹介予定です。

 

このアーカイブについて

このページには、2010年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年1月です。

次のアーカイブは2010年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。