林道 あれ?これ!④ 笠形線ー3

| | コメント(0) | トラックバック(0)

取材日は平成22年1月19日

笠形神社

 

047.jpg

 

参道の入り口には鍵があいた鉄柵門があり、そこから約10分
鬱蒼とした笠形杉の中を歩くと、人里と無縁な感じて
社殿が3棟静かに建っている。
古くは1300年前にさかのぼると言われ
荘厳な中に歴史を秘めた本殿、中宮、拝殿は江戸時代後半に建立された。
特に欄間などの彫刻がすばらしく、その本流は日光東照宮にあると
いわれている。中井家一統の作とのこと。

043.jpg

境内には姫路城心柱の石碑があり昭和34年の昭和
大修理の際境内の御神木であった桧がこの地より運ばれた。
今でも残る境内の大杉は高さ50m、根の周り9.5mと深く年輪を刻んでいる。
兵庫の巨木として、町指定天然記念物として登録されており
巨木の下にたたずむと木の精の昔物語が聞こえて来そうな程です。

 

笠形寺

063.jpg

 

西暦650年頃法道仙人によって開かれた。

鬼面が有名で正月行事の「鬼追」に使われる
山の神、青鬼、赤鬼の3面があり、
それぞれが仏の化身で悪魔を追い払う仕草をするとのこと。

また境内には先ほどの杉とは別に
昭和52年県の天然記念物に指定された
コウヤマキが強く天を突いている。                                                   
070.jpg

樹齢450年から500年と推定されている。
室町時代後半から生き続けていることになります。
世界史でいうとコロンブスがアメリカ大陸を発見したころになる。
深い緑の葉をたっぷりたたえ大地に突き立っている。
全高21m根周り8.8m枝張りは東西に各6m、南に8m


 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 林道 あれ?これ!④ 笠形線ー3

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://chisanrindou.net/MT/mt-tb.cgi/26

コメントする

このブログ記事について

このページは、治林-TAKAHASHIが2010年2月22日 14:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ジョウビタキ ♀」です。

次のブログ記事は「アトリ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。